言葉の魔力

マジックワード」という言葉がある。

陳腐な表現だが,言葉にはとてつもない魔力があると思う。

 

新型コロナウィルス感染症をとってみても,「三密」や「ソーシャルディスタンス」という言葉が日本中に浸透している。これにより,多くの人々が三密を避けようとし,また,ソーシャルディスタンスを取ろうという行動規範を持つに至っている。

 

このような現象に,示唆を感じる。

私は,説得術は,「証拠と事実」そして「論理」によって構成されるべきだと思っている。そしてこれは間違いないだろうと思っている。

しかしながら,伝える情報量が多いと,どれだけ精緻な論理を組み立てようとも,人は理解に際して消化不良を起こすし,理解しても忘れやすい。

そこで,「キーワード」を利用すると,印象に残り,理解しやすいし記憶に定着しやすくなるのだろう。

 

考えてみると,むかし,怨恨の放火事犯で,「恨みをもつことは致し方ない」という弁論を展開したことがある。この言葉は無意識だった。しかし,自分で話していて,この「致し方ない」という言葉に印象が残った。別にこの言葉自体は,ユニークでもなんでもない。ただ,なぜか印象に残った。

それは聞いた側も同じようで,判決にはそのまま「恨みをもったことは致し方ない」という表現をされた。無論これは直接には判決書を起案した裁判官の言葉なのだろうが,評議で,この言葉が議論されたかも知れないと思うと,説得が功を奏した気がして,嬉しかった。

 

しかし,別の怨恨の放火事犯で同じように「恨みをもつことは致し方ない」という表現をすると,なぜか自分の中で印象に残らなかった。判決書にも,見事に書かれなかった。その事案はその事案で事情を汲んでもらえたが,前回もうまくいったし今回も,とはいかなかった。たぶん,証拠と事実,そして論理がついてこなかったのだろう。

 

『伝える内容』は,「証拠と事実」そして「論理」であることは間違いない。

しかし,『伝える技術』において,「キーワード」を的確に利用することが,理解を根付かせるうえで非常に重要な技術なのだとおもう。

ただ,うわべだけのキャッチーなコピーライトを使い回せば印象に残るわけではないのだろう。証拠と事実,そして論理。これを前提として,浮かび上がってくる的確なキーワードが,「マジックワード」として,聞き手の心に収まるのだろう。